読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

ふうふう

ねむいねむい。

昔と違って、SNSとやらでいろんな方から祝っていただけるのは、本当にありがたいのだけれど、昔もいまも会って言ってもらえるのはほとんどないから、やっぱり言ってもらえるといまだにすごい嬉しい。こしょばゆいなあ。

学生の頃は春休みだし、親は物入りだし、世の中は年度始めだし、そもそも人付き合い少ないし。
思えば思うほど、その日に直接はほとんど記憶にないなあ。
でもこんなのに少しでも心と意識を割いていただけるのは、ありがたいことなので。

なんとなく充足したような、淋しいような、心持ちなのであります。


本日はおねえさんに乗せてもらってゴーゴー益田にて。
おいしいランチいただいたり、かめのふのあとは、おっされーな雑貨屋さんにいったりパン屋さんいったり、ジェラート食べたり、なんだか女子っぽいことできてハッピーでありました。

誕生日にかめのふですって。わあお。
おねえさんとお兄さんにおめでとーと言ってもらえてハッピーハッピー。


最後まではおらんだったけど、益田の社中と、安芸高田のはらださんと、「神武」「頼政」。さのさんのニャアニャアはみてない。

全体的に善きかな善きかなだったですが、ちと司会の方がビミョーで、おねえさんと思わずつっこんでしまったのでした。
「神武」を新舞かと思って聞いてみたら旧舞でしたって、そのコメントははじめてなパターンやで。
古いのなかでも古い演目なんだけどなー。
益田ではあんまり舞わない演目なのでしょうか。

というか、時折思うんですけど…石見ではおなじみのお二人以外は、司会の方は神楽についてあんまり詳しくないものなのかしら。気になる~。

あと"選抜競演"ってなんじゃろか思ったら、わしらーが選んだ神楽の乱れ咲き!みたいなほうの競演なのね。むしろ饗宴?
色とりどりな花的な。
全然コンセプト知らんだった。

つっこみどころはあったがしかし。
まあ新鮮で楽しかった。ちと寒かった。



子ども神楽の越中守は、なんか厳めしい顔してるのに頭身がちまっとしていてかわいらしかったです。全員面をかけてきちんと舞って、口上もいっていてすごいなー。

次なんだっけ。あ、「塵輪」。パンクでロッカーな感じ。地域によって解釈がちがうんだなあ。舞がちがうんだなあ。と、思うけど、私は、それを否定したらダメだと思う。そういうもんなんだあ、でいい。

なんか今日のは、飛んできたったで!ていうより湧いてきたったで!って感じでありました。


で、「神武」。安定なんだけど止まってるんじゃなくて、常に成長をしながらの安定。ホッとする。
あの二人は背の伸び方も似てるのかしら…なんかまたでかいなあ。

なんとなくだけど、自分のいる場所からだと舞も囃子もちょうどよく、ええあんばいに気持ちよかったであります。うふふ


で、ごはんかな?シャレオツなランチをいただきまして、大変うまうまでした。ケーキも食べられて嬉しい。誕生日にケーキ食べたの何年ぶりだろうか…少なくとも去年と一昨年は食べてないぞ。

ほいで、はらださんの「土蜘蛛」プシャーで、かめやまの「頼政」かな?

なんかたりない?まあいいか。

去年からなにかと「土蜘蛛」プシャーに縁がある。
あれも結構妄想広がる演目よねー。


頼政」は、安定といえば安定のよさでしたが、なんか、いつもより気合いが入ってたかな??という感じ。
なんでそう思ったの?といわれるとわからないのだけれど、なんとなくそう思った。なんだろうな?

お猿さんは少な目だけど、少し狂暴さ割り増し。
む、むらびとが…
小さいお猿さんはかわいいけど、大きいお猿さんは大きいで、特に広い会場だとウォーリーを探せ的な面白さがあります。行動のバリエーションも豊かね。
でも今日のとことか、東京とか、広すぎてちと大変そうね。実際はわからんけど。

鵺が、なんかいつもと違うなーと思ったですが、ああこういう鵺もいるんだなあって。
同じものを舞っているはずなのに、どこで違いが生まれてくるのか、どうやってそれを感知してるのかよくわからないのですけれども。
どっちの鵺も好き。

やっと最近舞台のときのプシャーもドバーッもギョッとしなくなりました。プシャーは東京でも見てたけど、ドバーッは途中からかな?しかもどんどん豪華バージョンになっていくから毎回ビビる。あれはもうレギュラー仕様なのでしょうか。

そもそも思いつくのがすごい。


落としどころはないんですけどね。

前夜

本日は仕事も早々に切り上げまして、ぬるっと浜田へ。

本日は24歳最後の晩なので、かねてより食べたいと思っていたまめだの鶏マヨ丼をもりもり。今日は人が多かったからか、なんかいつもより油っぽくて胃がもたれるで。
去年末からなんかクリスマスとかひとの誕生日もなんもする余裕がなかったし、仕事も一段落したからケーキでも買っちゃおーかなーとか思ってゆめタウンに行きましたらば、気がつけば日本酒とチューハイとつまみをいれていました。てへ
ケーキは食べたいけどひとりで買うのがね、去年やって懲りました。え?ひとつ?みたいな。だからといって二つはよー食べんし。というか私のお財布には高いし。

本当は、たにじゅうごうさんか、ちはらさんへエアー夜桜とともに神楽を楽しみたい気持ちもあったのですけれど、なんだか去年よりちょっと疲れているのか気力が出ず。
チューハイ飲んだらなんか目回ってるし。
近頃あんまりコンディションよくない。

行きたいんですけど帰りがねー。眠いしねー。夜は目がよく見えないしねー。ムニャムニャ

もっともっと神楽をみたい気持ちと裏腹に、いまは体が追い付かない感じ。


実は明日の詳細よくわかってないけど、とりあえずかめのふ。のふのふ



今日刺さるなーと思ったのは
いつまでも自分が最先端だと思うな、という言葉。

神楽のはなしね。

年齢とか、センスとか、体力的なこととか、特にナマモノは、難しいですね。

先のものは後になり、後のものが先になる。

盛者必衰の理をあらはす。

身体的に限界があるのは、仕方がない。


でもその分岐に立ったとき、自身にどれだけ蓄積があるかが、その後の道筋をかえるのでしょう。


むむむねむいからさようなら

わっとしゅだいどぅー

日本語読みだとワケわからん。
What should I do? どうあるべきか。どうするべきか。どんな生き方をしたいのか。悩めるお年頃ってやつなのですよ。

ほいで日曜から食べたかった納豆うどんをやっと食べたんですけど、もうお腹すいた。困った。ぐうー
板わかめか磯のりがあるとき限定メニュー。

とりあえずお金貯めるにしてもそういえば私お給料上げてもらえるのかしら。
当者比では今期むちゃむちゃ頑張っているけれども、なにぶん不出来なもので。木偶の坊


言われてみればたしかにと思ったことなのですけれども、誰がなんといったって、どんなに古い古いいったって、長浜面とあの衣装持ってる時点で長浜あたりの影響受けてるからね!っていうこと。うーん、たしかに。

圧倒的な影響力をもつほどに隆盛を極めた土地。

なんというか、長浜のあたりは、いまも商港ありますが、貿易の港だったんでしょうか。温泉津とかに近いような感じ?北前船寄ったんですよね?
刀工、根付師、提灯の職人。神楽産業の礎があった。

そういえば天満宮とかあるあの一本の通りは、昔の街道みたいな感じ。
郡上のへんとかみたいな、人が行き交った名残がなんとなく見える。
いつも思うけど、いまの交通の道筋からすれば外れているというか、なんでこんなとこ?みたいなところが実は昔は栄えていたりして、逆にいまの道筋から外れているからこそ残ったり、「ファスト風土」になりきらずにいたりする。
やっぱり交通を調べるのも面白いよなー。


あ、刀工がおられたから、熱田神社があるのかな?
あの熱田の人がやってきたという記録もたしかあったはず。

神社事情も面白い。

蝋燭とかも作ってたりしたのかなあ。どうなのかなあ
いずれにせよ、明らかに、浜田のなかでも商業地帯であったことは間違いないですね。
世の中の最新の情報が入りやすい土地。
普通神楽を育むのは農業地帯。正しい言い方わからんけど。

ふーむ。


そうそう。そういえばこの前の田ばやし見ていて思ったのですが、やっぱり海側と山側ではビミョーにテンポが違いますね。
本来は、その土地に生きる人が、無理なく動けるリズムであったはずだと思う。
だから、そう考えると、神楽も、やまはやま、うみはうみで好むリズム感は違うとするのが自然な気がするのね。


あと、これは合っているかは別として、自分のなかで最大の発見でありましたが、
結局なぜ日本全国において、神職の神楽演舞が禁じられたことで農民への移行が可能になり得たかといえば、田ばやしとか田楽とか、風土にあったリズム感をすでに持っていたからなのではないでしょうか。
神楽も、担い手は神職、古くは修験者だけれども、土地の人たちが求めないものならとっくに消えていたはず。ということは、リズム感含めて芸態が土地に合ったものだった。
最初は、神職に習ってとか見よう見まねとか「もどき」だったとおもう。
逆に言えば「もどき」ができたわけで。
それは、いくらなんでも素地がなければできません。
一人二人、超センス良くても、神楽を執行するにはもっと人数が必要。
神楽を執行することができる人数が「もどき」できるということは、すでにそのリズム感や動きといった身体ができていないと、なんぼなんでも難しかろうとおもいます。


あれ、なんかなに言いたかったのかまとまらないんですけど。


だから、やまはやま、うみはうみで、それぞれちょうどいい神楽があったんじゃないかなあ。
そういう意味で、八調子がひろく山を越えちゃってまで伝播したのは、桜江の某先生がいう「身体の西欧化」がなしえたことなのかもしれない。

西欧化は海からやって来たのか。
革新は海からやって来たのか。
ニライカナイ


だからね。
自分を正当化したくって、守りたくって、他方をよくよく考えずに皆いってるからって馬鹿にして貶めていると、実は自分を作り上げている要素そのもの、根底そのものを貶めていることになるときもあるし、誰かが馬鹿だなあってクスクス笑っていることだって、ないとはいえない。

正当化したけりゃ、きいてー!おらっちすごいんだぞー!でいい。
比較対象、見下す対象を付け加えるのはナンセンス。


と、おもったりするのですよ。

ガス欠

もうガス欠です。ムリ。ぷしゅー
燃費悪すぎ。というか思ったより回復してなかった。
明日が終わればとりあえずとりあえず。
9時すぎまで残業してこんなしんどいのに、なぜ世の中の人は夜中まで残業して朝も早くて平気なのかしら。明らかに作業効率下がっちゃうで。
職種柄、残業代が出ないので基本的には残業しないでいいスケジュール管理をしたいのでありますが。


ふえー。

悪狐ちゃんは、伝統と革新と意地でああなったんだよという話とか。舞の話とか、諸々書きたいんですけれども。

自分の論を正当化させるために、他方をろくに知りもしないのに中途半端な情報ソースで貶めるようなこと、しかもそれをオープンに垂れ流すことほど愚かで馬鹿丸出しなことはありませんから、しっかり思考して、言葉を吟味して書きたいので、もうしばし他愛のないぶつくさにて。
師匠の言葉も、もう書き留めたのもこれから書き留めたいのもたくさんなってきたなー。


明日こそ早く帰って納豆うどんを食べたい。

ケモノくさい

ここのところかめのふではしゃぎすぎたのと、年度末に加えてインフル上司経由のムチャぶりボディブローがたくさんだったのとで、ちと心身がいたしかったのです。
で、温泉療養からのかめのふ。
旭温泉と美又温泉はしごしちゃった。うふ

今日も日中ずーっと寝たのでちょっと回復。
温泉と睡眠素晴らしい!!
神楽おいしかった!もぐもぐ。

やっぱり温泉入らないとなー。シャワーだからなー。
桜江から旭に抜けて、美又にくだって、浜田市街。
やっぱりちょっと旭は遠いですなあ。日貫のへん行くときはいいかもだけれど。

師匠が泉質なら美又温泉!って言ってたけど、本当にサイコーでありました。お値段もサイコーに優しい。

そんなホカホカかめのふ、やたら早いねといわれながら三宮さんへ。
ぽけーっと準備とか練習?とか見られてうふふでありました。

アッシーならするけど、てごはできません。
ぶきっちょだし。
トーブで横面あぶられながら、ひたすら観察。
ただおらせてもらえるというのは、ありがたいことだなあと思うのです。

三宮さんのときは、大体において居場所に困るのと、昨日は多分いつも以上にワヤになるよといわれていたので、三脚の下に収納させてもらうことに。
去年おねえさんの三脚の下におらせてもらってから、あの安全デルタ地帯にちょっと味をしめちゃったりして。たまに夢中になるとぶつかり申し訳ないです。
優しいおねえさんとお兄さんいて良かったー。しみじみ。


そんなこんなで。

今年度最終の定期公演にて、人気投票だった社中と、演目。「黒塚」と「頼政」。
かめやまでうれしいよー。
あの投票は社中は社中、演目は演目、別なんですね。
てっきり好きな社中の舞ってもらいたい演目なのかと思っていて、それ見てて知らなきゃ投票できんじゃんと思っていました。違ったのね。

師匠が前にボソッとみんなケモノ舞が好きなのかと言っておられましたが、たしかにそーだ。

私だったら2演目縛りなら、「頼政」と……うーん悩む…「鍾馗」か「五神」かなあ。どっちも長いからダメかなあ。ダメなら「道かへし」か「塵輪」かなあ。すでに絞れてない。

あえて「貴船」と儀式舞ではない。2演目ならね。
かめやまっぽさも、伝統舞も楽しみたいな。


かめやま観るなら、私はやっぱり「頼政」は観ないとなあと思います。

結構、総力戦よね。

ツアーの人たちも見られず、「黒塚」の途中で帰られて残念なことですなあ。あんな中途半端なつまみ食いになるなら、普通にツアー神楽にされたら良かったのに。みんながビミョーな心持ち。

昨日は結構いいとこから見られて良かった。むふふ

重箱の隅つつくように、あそこはスタンダードじゃないとかいわれるかもしれないけど、私は、かめやまの「頼政」が好きです。

台本も何故かあれだけ脱力系だし。


「黒塚」は、昨日もレア法印さん。
剛力さんはなんか不思議な笑いかた?
レギュラー法印さんの飄々というか、クールなんだけどたまに剛力さん踏んじゃうお茶目な感じも好きだし、レア法印さんのお父さん感も好きです。というか、でかい。
剛力さんは安定供給です。

なかなかザ・黒塚!みたいなのは観る機会がなくて残念。

悪狐ちゃんはヤンチャな感じ。


鬼女面でプシャーも伝統だけど、一貫して狐面なのも伝統。
鬼女面なのは、ひなしの神職が得意で、木彫り面を持ってたからで、狐面は長浜面の文化なんだったかな。


眠くなったからこれでおしまい

春を忘るな

バイトで部門のチーフみたいなのをしておりまして、通称シスターズという後輩がいたのですけれども。
まあ、簡単にいえば、入ってきた当初から見てきた妹分みたいな。
長女は院生なのでいまだにゆるーくしてるみたいですが、次女は去年、末っ子が今年で終わりらしく。
なんとまあはやいことよ。

それでもいまだに子どもも後輩も社員も覚えてくれていて、ありがたいなあと思うのです。もうその場所自体は知らない人ばっかりになってしまったけど。
常にしんどさMAXだったけど、その四年間が無駄だったとはこれから先もずっといいたくはないな。

以上。
この時期はやっぱりすこし寂しい気持ちもする。


昨日の続き。

昨日はなぜか猪早太の話で終始してしまった。
まあ、人気の団体だし、いろいろ書かんでもいいかな。
個人的には、広島と石見(浜田沿岸)で美意識や求めている鉄板とか違うんだなーと思ったのでした。
なんじゃかんじゃいう人もおられーけど、やっぱりあれはあれ。これはこれ。似ていない。お互いに似せる必要性も感じていないと思う。求めている境地が違うもん。だから、僻みとか妬みとかそういうものもないんじゃないかなあ。

と、いう感想。


「五條橋」は、個人的に楽がツボでありました。
胴とりは本気を出さないこと。クールであること。
楽全体のバランス、舞とのバランスが心地よかったのであります。むふっ

義経がなんかまた育った気がするけどよかったなー。

私より化粧するのうまいと思われます。わはは

いろいろ思うところあるけど、なかなか難しいのでこれくらいにしておこうかな。



月曜のこども美術館では
「恵比須」あいて「黒塚」「天神」「大蛇」
あと金城?の田ばやしと三隅の田ばやし。
よさこいで民謡取り入れるくらいなら楽しく民謡やればいいのになーとかちょこっと思ったけどなかなか難しいですなあ。そう思うと、弊害もたくさんだけど郡上踊りはすごいのかもしれない。
たしか保存会自体は年配だけど、若者よそ者が熱狂しているから。
あー難しいなあ。なんでかなあ。

私だったら、よさこいよりかは田ばやしやりたいな。あれいいな。なんか気に入った。


えべっさんは、出血大サービスな感じでしたね。
群がりかた半端ない。
でも釣り上げるのはあっさりさっぱり一本釣りなところがよいです。
お帽子が乱れがちなのもチャーミングです。

「黒塚」は、激レア法印さんでニヤニヤ。
てっきりレギュラー法印さんかと思っていたので不意打ちでありました。どっちも好き。むふっむふっ

悪狐ちゃんはわかんないけど、アクロバティックな悪狐ちゃん。
実は柱と人であんまり見えていなかったのが残念。

あそこってなんであんなに見にくい構造なのかしら。

「大蛇」も、ほとんど見えてないけど、ニュー扇子?とニュー蛇胴??違うかな?わからん。なんか違うな?と思ったりして。
あそこ狭そうで大変だなー

ねむくなってきた

かぶりつきでみたいような、かぶりつきじゃなくてもいいからしっかり見られるところで見たいというような。でも、なにより地元の人にみてもらえたらいいんだよと思うような。むむむう
25日はどこでみようか、いまからもう悩んでおるのです。

手のひらにアオタン

日曜にド派手にこけてまして、いたいなーとか思ってたら今日の夕方になって青アザが浮かんできたのでした。青アザをアオタンって、いわない?

皮もむけたし。
いたいよー。しくしく

ねむいよー。


土曜は、就活の時からお世話になってる人が別便できたもののダウンで、川本からの帰りは代わりに運転して帰ったのですが、道中なんで神楽?という話をしていて、なんとなーくだけど自分の興味の芯が見えた気がしたのです。好奇心の本質。
やっぱり機会があればもっと勉強したいなーとも話していて、もし本気でやるなら民俗学以外の学問で本当に尊敬できる人のとこにつきなさいって。それは盲点だった。
民俗学は、やりたきゃ独学でやるでしょ、つきたい先生見当たらないんでしょ、って。言われてみればたしかに。
全くいないわけではないけど、結局は、学者先生。もうすでに着地しちゃったから、いまとなればそっち系のスタンスにはちょっと違和感がある。
あと私がいるフィールドが、いわゆる学者先生たちから軽視されているというのもある。それが気に食わんから、噛みついちゃいそうだよねって。なるほど、たしかに。このかめのふ、狂暴につき。

いまの仕事が好きだし、いろいろしがらみもあって、しんどくても辞めたいとは思わないけど、これからの時代、会社がなくなっても生きていく術、人脈は身に付けていきたいなあと思うのであります。
起業とかじゃなくて、ぽやぽや流れながら組織に属しながらも、自分のしたいことができる環境を組み立てる力も。

そんな真面目な話から、歴戦な女子の奥義まで。
いやはやいやはや。
のーんびりだけど、思考は止めたくないなーと思うたのです。

また師匠にも相談してみよーっと。


田植え周辺はまた次回
これでひとまず終わりらしい月一の舞で、みやのきさんの三郎さんの話と、かめやまの「五條橋」と、みやのきさんの衝撃的な猪早太。
乗せてってくれた父上に帰るよーと言われたのでそれくらいまでですが、なんとも猪早太が衝撃的でありました。私の知ってる早太じゃないで。

でも、「悪狐伝」の和尚さんといい、あのキャラクターがむこうの鉄板なんだなあと思いました。
そう思うと、まあいいかあと思う。
コンビニで遭遇したことを誇張して話したりだとか、誰もがどんな状況かわかって笑える話を、鉄板ネタに交えてするところは、素直にうまいなあと思います。テクニックというのか、トレーニングというのか、なにもなしではやっぱりできない役ですね。つい笑っちゃう。
身内ネタは、身内はたのしいけど、身内じゃなけりゃどーでもよくてつまらない。知らないから。わからないから。

と、いうのは本当に素直に思ったのであります。

他よくわかんないけど、三郎さんのときの役とのギャップがすごくてビビった。

そして、お目目がパーーーッチリすぎてビビった。
もはや白目が行方不明やー。

やばい眠気限界なので1度これでおしまい