読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

能楽あたり

春は来ていた。

啓蟄のときも近づきまして、私ものそのそ放浪の虫が蠢き始める季節になりました。 今日は美保神社と、七類抜けて気がついたらかめおの神能さんちの近くへ。潜戸クルージング一回乗ってみたい。車を走らせていて、陽射しもそうなんだけれど、なにより山の色が…

めそめそ太郎は面をかけられない

タイトルはとくに意味がない。なんかよくわかんないけど、落ち込みぎみで、昨日はなんか家帰ってからずっとめそめそでした。今朝の顔は最悪だった。 今日もちょっとめそめそ。 何が悲しいんだかよくわからない。でも仕事以外で声出してしゃべる話し相手がい…

ちょびっとつづき

やっぱり髪切ろうかな。 昔はポニーテールさんでしたが、大学生になったくらいから基本的にはもっぱらショートさんです。一人暮らししてから、なおさら。 なんたってシャンプー代もガス代も水道代も電気代も安くつくもんね! 排水溝もつまりにくいしね! な…

能の話とくわえて

女もすなる へあーあれんじ といふものを身共もしてみむとするなり。だが、挫折。オシャレ偏差値低すぎて、動画が速すぎて追い付けないし、そもそも動画で使っている用語が理解できなかった。 くるりんぱってなんじゃ。アタマの中くるりんぱ。 編み込みの仕…

さんばさんば

帰りました。ふうーっ いつかは、島根でのお正月も体験してみた いなあ。それで、「三番叟」でなんで対なのかな?と思ったかと言いますれば、足の運びをみていると、客席から左側奥、橋掛のあたりから、対角線上の柱、客席から手前左の柱へ、そして中央、と…

さんばそうさんば

能楽囃子、狂言「末広かり」と、まんさいさんの「三番叟」を観に行きました。 自然と笑っちゃうやつと、圧倒されて口があくやつ。 CGっていうのかな。映像を使っていて、コンテンポラリー?純粋な狂言というよりかは、現代舞台芸術って感じ。 囃子にも後見に…

東京は臭いです

帰ってる場合じゃないんですが帰っています。こっちは臭すぎて終始気持ちが悪い。うげーろげろ今日は能楽を観に行きましたのです。 やっぱりこればかりはなかなか島根では機会がありませんので。しかもたまたまタイミングよく、私が小学生の時にであって、能…

続報は目が覚めたら

この二日間なんだか非常にハードな神楽三昧で疲れもうしたので、詳細は明日目が覚めたらにいたしますけれど。 今夜は良い夜であった。 本当にオラがとこのまつり、オラがとこの神楽に誇りを持っているのであれば、じぶんところをものすごーく謙遜はすれども…

どろどろどうどう

どうしたら胴の音の表現、しっくり来るかな。どんちっち、はすごいと思う。ちっちがいいよね。なんか確かにそんな音よね。。 いまだに私にはどんどんちっちに聞こえるけど。 あれー? 能にして能にあらず、といわれる「翁」。あの面、私的には恵比須の面系。…

神楽と、能と、歌舞伎

よーやくトイレの電気をつけました。あああかるいいいいい…!! あー眠い。 そういえぱ、きょう土日しか開いてない古書店に行きましたら、むっちゃ古い東北の祭の本で「茅の輪くぐり」の元になる伝承は、スサノオが出雲の国で斐の川上に向かう途上での話、とい…

能と私と神楽

今日は疲れて眠いのであんまり考えないでかけること。 昨日能は母に連れられて小学生のころから見て言ったという話をした。 なんかエッセイみたいでこしょばゆいけれど、自分の神楽を見る目の原点はここだと思うので一応書き留めておくかな。 なんで能・狂言…