読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

すさのお

についてかいてたんだけど、寝落ちしてしまった。
そして昨日は我慢できなくて誰もいなさそうな駐車場でわあわあ泣いていたらとなりにカチョーの車がいた。わーびっくり。気付かれてないといいけど目立つオンボロ車だからバレてるかな。あーあ。大丈夫、私は会社やめないから。やめたところで他に行くとこないし。

今日は近所の佐太大神にご挨拶して、普段はしないのにちょっと神頼みしてきちゃった。
道を開く神様だから。
いま遷宮中で、裏の山…多分ご神体なんだけど…でチェーンソーの音がしていたのですが、ご挨拶してるあいだはなんか止めてくれたのでした。うれしい。

八衢。

亀山は一回しか見たことないけど、かっこよかったなあ。
あの猿田彦なら安心して後ろについていける感じ。
ウズメちゃんも可愛いけど強さもあって好き。
ウズメちゃん好きなのよね。
もう一回、あの八衢がみたい。

佐太神社はちかいしまた行こうかな。

あとは、次の浜田でいくつかご挨拶にいこうと思って。
久しぶりだから迷子にならなきゃだけど。
オオクニヌシは最近ほんと人も多くてちょっと遠くなっちゃった感じがする。
遷宮中の方が実は近くにおられるんよねえ。


ということで、とりあえず谷底につきました。
マントルに突き刺さりかけたけど、タイミングと天然スーパーマンのお陰で掘り進むことはしなかったかな。

だからといって上がれないので、当分は底の方をうろうろするのでしょう。


オトナなんてくそくらえだ。
猛禽類にことごとく啄まれてしまえ。


そんなかんじ。

あーやだやだ。


ひとりはやだよ。ひとりはやだよ。

なにを信じたらいいのかは、まだよくわかんなくて不安定な感じなのですが、大事にしたいと思ったひとたちは大事にしようと思ったのでした。



「大蛇」って、定番ですけど、いろんなスサノオがいるので面白いなって思います。

私はそりゃもちろん師匠のスサノオが一番好き。
背中よね、背中。中肉の背中フェチ。…変態か。
また変なこといってますよー。怒っちゃイヤよー。

私が好きなスサノオは、己ですら持て余すような強さと神としての気高さと孤独がある感じ。はい、妄想入りますよ。
いろいろ歴史的な解釈とかは分かってるけど置いておいて、スサノオという人格(神だけど)を考えてみる。

神であると同時に己の力とその所業により、鬼のように疎まれる。追放されてただ一人あてどもなく海をわたり異国へやってきた。いくらなんでも心細かろう。

だからね、話の出所は違うけど、蘇民将来の精一杯のもてなしは素直に嬉しかったと思うんよね。
巨旦将来を滅ぼした禍つ日の神は、スサノオの別の顔なんだと勝手に思ってる。
モーセイスラエルの民を助け出した神も、エジプト人を平らげた災いも、同じ神だから。そんなイメージ。
ただちょっと違うのは、イスラエルの神はあくまでも神としての絶対的な立場にいる。スサノオは神だけれど人に近いところにいる気がする。
あるいは、孤独と人との関わりのなかで、人間的な感情というか…心が芽生えてきたんじゃあないでしょうか。
ウケイに勝って嬉しくなって傲慢になって大暴れしてやったぜーみたいな訳のわからない暴挙じゃなくて、因果応報を理解してる感じ。スサノオ、大人になりました。私が嫌いなオトナより大人になったスサノオの方がよほど好ましいけどね。

話を島根に戻して。

孤独な旅の末にスサノオ、お嫁ちゃんイナタヒメと出会う。
嫁ちゃん助けるからくれって、だいぶ強引だけどさ…
嫁ちゃんととーちゃんかーちゃんを守りたい!って、守りたいもののために自分の力を使ってるスサノオがにやけるほど好き。

その、スサノオという人(神だけど)の成長というか…持て余すような強さゆえの荒ぶる神から守護する神への変換というか…なんか萌え。

石見だとこのスサノオに出会えますけど、出雲は無理矢理嫁取りしてる感がありますね。かーちゃん泣きすぎやろって思うときもある。あんたらきちんといっしょに祀られとるじゃん。
なんとなく、やっぱり自己満足のために力を使ってる感じかなあ。持て余したままというか。
追放された時と、あんまり変わってない。

ですので、人に出雲と石見の「大蛇」の違いを分かりやすく伝えたいときは、
出雲は大蛇たん萌え
石見はスサノオ萌え
といいます。ま、わかってもらえないですけど。


スサノオは、自分達の生きていた世界の神じゃなくて、異国の、その土地で生きてきた神と生きることを選んだ。

異端児の力は、鬼にも神にもなる表裏一体の危うさがある。
嫁ちゃんのために戦うことでスサノオは神になれたのかなって、思ったりするのです。

師匠のスサノオ見ていたらここまで妄想が広がるんですねえ。


元気印の確かにこりゃ姉ちゃんキレて追い出されるだろうなあみたいなスサノオもいるし、逆に気品しかなくてなんで追い出されたのみたいなスサノオもいるし、なんかよくわかんないスサノオもいる。
だもんで、結構「大蛇」を見るのも好きです。