舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

ぷりーずハグみー

ハグしてーって、変態っぽい。そうか、変態か。
あんまりされたことないから挙動不審になるけどハグってなんか安心するよね。ハグハグ。
あーにゃんこが恋しいよう。もっふもふ

もはや年に一度の恒例なのではと疑う、工場浸水事件で、週のはじめの朝からいい運動でした。雑巾しぼり疲れ。
でも、シャチョーがせっせと床を拭いていて、あーわたしこういう会社に勤めたかったんだって、ふっと思い出したのです。こういうリーダーについていきたいんだって。どういったらいいのかわかりませんけれど。

こういうトラブルも大掃除も会社の人たちとやると楽しいので嫌いではないですが、腕が疲れた。

今年はこれでもう浸水しませんようにー


せっかく買った食料も無駄になるのでそろそろクソ廃人やめたいけど、食欲のしの字も出てこなくてやっぱり一人だといけません。
構われたい気分ではないのですが、どうも一人はいけません。

カチョーにも一人はやめなさいっていわれたもんねー!
あ、それはまた違うか。一人で夜ふらふら出歩くのは危ないって意味ね。ケモノ的な意味で。クマこわい。あとマムシも出るのでホタルは保護者と見に行きましょう。
夜の街をふらつくんじゃなくて、山道をふらつくから心配されるんだ。

島根は保護者がいっぱい。


はあ。どげでもいい。



あのー、土曜の「塵輪」でさっき思い出したんですが、すんごくびっくりしたのが塵輪3匹(?)が上の…天蓋にぶらさがって大暴れしていたのでした。
うわーびっくり。

あれって、たしかあの幣たちに神様がおりてこられるんじゃあなかったでしたっけ。

能舞の前に撤饌としょうじょうしていて、友人が、あれー途中なのに帰らせちゃうの?って言っていたのだけれど…、もしかしてもう神様が帰っちゃったから天蓋壊す勢いでノリノリでもOKだったのかな?

いつもあんなに大暴れしてるのかなあ。初めて見たなあ。
一回落っこちてた気がするけど、くじけない塵輪タフすぎびっくり。激しかった~


でもなんで能舞のまえにお帰りいただいちゃったんだろ。
おられるのが舞台の下だったし。

うーん…囃子が神様にずっとおしり向けることになっちゃいますよねえ…神様はお祭りにたくさん来ている人を眺められれば嬉しいって感じだったのかなあ。
でも、能舞からのほうが地元の人は来るしなあ~

わからんことばっかりだあ。

私はもっと神道仏教の儀式を勉強しないといけません。何してるのかもどうしていたらいいのかもわからん。


前に見た都賀の辺りは、衣装で身分がわかったのですけれど…あの、神とか天皇とか上の人は大口?の袴で、随身とか下の人は脚絆巻いてる格好。
あれはどのあたりの地域の特徴になるんでしょうか。

そういえば新舞って、なんか二人とも彼氏Tシャツじゃないけど…スッとコンパクトに収まった格好に膝丈くらいの陣羽織みたいなのを着ているイメージなのですが…足の辺りが特に動きやすめな感じといいますか。
よくわかんないけど。

塵輪」の仲哀天皇と高麻呂はなんか彼氏Tシャツ系だったようなー見分けつかなかったし…ということは、見分けがつく格好は阿須那とか高田のあたりの格好じゃあないってこと?
ぐぐう…難しいな…

面をかけないから余計になんかどっちがどっちかわからなくて悩んじゃいます。身に付ける色もとりどりだし…


益田は面をかけるのが多い気がします。ちりとり面とそうでないものの違う基準がよくわからないけど。

浜田はよくわかんないけど面をかけていようといまいとなんとなく見分けがつくかなあ…。そして大体は当たってる。身に付ける色と…雰囲気?慣れ?


師匠にあの三団体の違いとか関係とか聞いていたらまた違ったのかなあ
なんかまだちょっと頭のなかで整理しきれていません。