読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

きゅうりパリポリ

お客さんに頂いたきゅうりの漬け物があまりにおいしかったので、この前なんとなく自分でも真似してみたのでした。うむ、うんまい
作りすぎてなくならんけど置いておけるのがありがたい。
でもなーんか刺激が弱いよなーとか思ったら、どうも鷹の爪が辛くないみたい。
辛くない鷹の爪はただの干からびたピーマンだよ!
今度吉田の鷹の爪買ってみようかな。
出西生姜でもいいかも。そろそろ時季だし。

教わった通り、さしみ醤油と米酢と砂糖をいいあんばいの配分にして煮詰めた中に鷹の爪と乱切りきゅうりをぶっこんだだけ。
お米用の計量カップしかないから量はわからん。
舐めておいしい配分だったら、煮詰めてもおいしいです。うんうん。ワイルドだろぉ

きゅうりもお醤油もお酢も島根のなんだーうふふふ
関東のお醤油は塩っ辛くていけません
 

ご飯がすすむくんだけど、冷麺にも合うからいっぱい冷麺買っちゃった。うふふふ盛岡冷麺大好き



前のかめやまの写真見てたら、貴船とかなんかいろいろ妄想大爆発したいのもあるんですけど…
ちょっといまいろいろまた、ぐちゃぐちゃしてるから今度の日曜にかめ充してからにする。悩めるかめのふ。

土曜はなんとなく気分で浜田に泊まることにしたから駅前で飲んだくれようかな。お一人様でも飲めるとこあるかな。海眺めながら飲むとかしたいけど、飲んだらホテルに帰れんのよね!

島根には飲み友達がいなくてさみしい。

ていうか8月の第一週は広島ぽいよね!どーしよ。
チケットもETCもないし…まだチケット間に合うのかなあ
むむむ…むっちゃ行きたいんだけどどーしたらいいだ…むーんむーん
とりあえず今度いったら情報収集してみるかあ。


なんかいろいろ悩めるかめのふ。
はやくかめ充したい。




あのですね、おもむろに話を変えますけど。

私は、逆輸入で悲しい気持ちになるのは、その文化がもともとなかったところに、人に見てもらうためとか習いやすいとかいろいろな理由で取り入れたところです。流行りに乗るのが悪い!っていうんじゃあなくて…そうしなきゃダメだった地域なんだあって悲しい気持ちになってしまう。そうしなきゃ神楽が生きていかれなかったんだって。
それでもその土地で生きていこうとしてる神楽のいじらしさに、たまらなく切なくなる。

それにたいして、例えば「神武」はたしかに八調子台本ではないけど、浜田という土地では確かに存在していた。だから、途絶えてしまった文化を、今でも保持している地域から教わり復活させること自体は、いいんじゃないかなって思うのです。
やっぱり芸北は、那賀郡の六調子の古いものを、今の那賀郡よりもしっかり持ってるんだって。それって面白いよなあ。すごいよなあ。
私も見てみたい。


ただ気持ち的にいけんよ、ってなるのは…もともと演目とか舞かたとか違う文化だったところから、人気だからとかなんだって取り入れるのは、それって違うんじゃないかなって思う。
それで周りがもてはやすのもいけんよって思っちゃう。あなたの土地にはあなたの土地の文化がいまだって、すぐそばに座ってるのに。無視したらダメだよって。
仕方がないことだったんだろうなあとも、思いつつ。でも、なんだか悲しい。

まあ、江の川流域だったら、なんかちょっと違う気はするけど…阿須那の舞の文化圏だからまだ高宮とか高田とかあのあたりから舞をならうことは、自然なことなのかもなあ。


どうなんでしょうねえ。
もんもーん