読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

こわい、こわい

眠いので、ぽつぽつとつぶやくだけ。


自分もメディアのちいさな畑のはしっこの方で縮こまってうぞうぞしているのだけれど。

大きいメディアの畑のひとは言う。
ファクトだけをたんたんとかく。
彼らもそれをわかっていて、書き方も思考も徹底的に訓練されている。

そう。文章を読んでいてもわかる。



でも、そのファクトって、ほんとにファクト?
どっからきたファクト?

ねえ。

誰のための情報?

ねえ。

考えて書いてる?技巧じゃなくて想像力。
自分の言葉の影響力ってわかってる?

ねえ。ねえ。

こんな時代でもブログやSNSとはワケが違うんだ。



急に話題が飛んで、そのひとはにこにことしていて
でも私は頭と心が一気にぐちゃぐちゃになってしまった。


たまーにしてくれるお話だったけど、今の私にはダメだったみたい。

そのひとは悪くないけど、その畑が悪かった。汚い。
多少なりその土が嫌だと思ったから、ピョンって違う畑に向かって飛び出したのだろうけど、それでもその畑で育ったひとだった。


大きな畑で大きく育ったひとたちの話を大学のときに聞いて以来、漠然と横たわっていた嫌悪感に近い警戒心のもとがわかった。
この前のシンポジウムでわかった。
そしてさっき言語化された。シャワーパワーすげえ


「事実」が事実の範囲内でねじ曲げてつくりあげた創作物なんだ。
嘘ではないけど真実でもない。

でも、9割強のひとは「事実」を真実ととるしか術がない。与えられない。


不快だ。その畑の在り方全てが不快だ。




なんだかなあ。

深入りしたらいけんわ。やっぱり。

お一人様でヘラヘラふらふらしてるくらいがいいんだ。



明日は海辺では飲めんからジンジャーエールにしよう。どこの海辺がいいかな。浜田港あたりかな。あまり日が高くても暑いから、夕暮れどきがいいかな。
足を投げ出して座り込めるところがいい。

あ、三宮もいってみよう。

雨じゃないといいな。

海がみたい。
あおく透き通る海。

私の恋した海。