舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

バケモノたちのやさしい手

鬼の他にも狐やら…あ、猿やら、いろいろいるのでバケモノたち。
彼らの顔は恐ろしげだけれど、子どもをかっさらって抱き抱えるその手はすっごく優しい。

父の手をしてるなって、思うのです。

父じゃなくても、なんか父の手。
大切なものを守る手。

なんだろうなあ。
見てると泣きたくなるくらい、胸がキュッてする。
あの感じは、神とかほかの皆様ではないなあ。

石見だけじゃなくて、結構いろんなところで鉄板なのだけれど、なんか、やっぱりキュッてする。
なんなんでしょうねえ。

あ、年齢もあるのかも。
若いおさるさんはあんまり感じたことない気がする。
わからん。
まず、若い子はやらないかな。


彼らの手は覚えてるのに自分の父の手は思い出せない。

普通に仲はよくて、大学二年くらいまで、朝は一緒に家を出て、歩きながらいろんな議題について話した。父も守りたいものがあるから、何十年も人間の波に揉まれ続けてるんだろうけど…手。ううーん…やっぱりわかんない。

ああいうキュッてするくらいあたたかい手が、なんかよくわかんない。


なんだろうなあ~~。


あ。この前の八幡宮の奉納で、法印さんが坊主頭なで回してたのもよかった。あれ、坊主だったっけ?
よかったってのも変ですけど…
ほっこりしたです。

手ってなんか不思議。


私の手はこれ以上大きくならんかあ。

あーあ。