読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

むむむ続々

寒いであります。
明日は早く寝ないとだし温泉津だけはとにかく書いてしまいましょう

ざんざんと雨降りしきるなか、この前発見した広域農道をどんぶらこっこと行きまして、温泉津へ。
だいたい温泉津は食いっぱぐれフラグと待ちぼうけフラグが立つのが悩みです。

でもカメラのお兄さんたちとまた会えたし、おねえさんも会えたし、なんかああ石見に帰ってきたなあって感じ。むふふふふ楽しいなあ

しかしどんどんかめのふじゃないあだ名が定着してる気がするぞ。しかもなんか付け加わってるし。
生まれた順番は私の方が早いんだけどなあ、まあいいか。
もうこれから娘ですぅーっていっちゃおうかな。怒られるかな。


それにしたって昨日は久しぶりに良い夜だったのです。

私の好きな囃子を聞きながら、ぼんやりとその空間に身を置きつつ溶け出すような心地。
疲れと足が痛いのもあってか、ぼんやりしすぎてあんまりなにがどうとか覚えてないのですけど、心地が良かった。やっぱりかめやまが好きだなあ。


「恵比須」は、気がつけばコトシロヌシからエビスになっていました。ふむ。
いやーしかしチャーミングだなあ。

またいつか大人のでる「恵比須」が見たいものです。


久しぶりの「貴船」は、女がいつものかたと違うのかな?と思いましたが…ふむふむ。
昨日の位置からだと、真っ赤な装束に身を包み鬼となった女が、なんだか泣いているように見えたのです。憎らしさで口を歪ませているイメージだったけど、あああの口は嗚咽を漏らしてるんだって。

そういえば、般若面ではないんだなあ
やっぱり生成りなのかな?

「貴船」は見ながらいろいろ考えますね。


眠くなってきたからまた思い付いたら書き加えるかも