舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

つれのない旅

ひとり!サンライズ出雲!ひゃっほーい!
個室なので、電気を消して真っ暗な中で車窓と星空楽しんじょーます。昼間よりきれいで楽しいかも。

一人旅自体は苦じゃないんですけれど、なんていうか…ワンカップ飲みながら窓の向こうを眺めて黙々とコンビニ弁当を食べるのが寂しすぎてですね。最近はメールする相手もなしに。はあ
話し相手がいないとワンカップも三駅分くらいで終わってしまうからつまりません。

しかもよく考えたら山越えの最中は電波がないからブログもなんもできんじゃんね。

実は私の島根の始まりは、サンライズ
地元の駅を通過しますので、試しに乗ってみた先が島根だったのでした。



なかなか夜明かし舞の話が終わらんですが。
ちょいちょい覚えてないんよね…津和野観光からので眠かったし。

そういえば「八幡」と「塵輪」もそうですけど…八幡神社仲哀天皇がおられるお宮とおられないお宮があって、それが気になるのです。

塵輪」自体は仲哀天皇がおられるお宮から生まれたのかな~とか思いますけど…
長州?長門?あたりの文化や人のかかわり合いを感じさせますね。

で、応神天皇を八幡麻呂にしたのは、時代的に天皇を農民が舞うなんて、みたいなことがあったからかもしれんですが、でもそれって応神天皇は名前変えちゃっていいんかいみたいなことにもなるし…それとも感覚が八幡神応神天皇だったのかな。

そのあたりがよくわからない。


全然電波がないのでつづきは山を越えたら。