舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

がびーん

なんと、土曜は宿がとれませんでした。

ということは日曜に家と日原の往復か……げえええしんどい

浜田のホテルがどこもとれないのは神楽シーズンだからなのでしょうか。
いつも泊まるところは、もともと現金のみのところで、いまそれほどの現金がないので無理。あーびんぼー。

車中泊も関節痛持ちにはちと辛い。というか怖い。

えーん。困りました。


よりによってなタイミングで…困りました。困りました。


ここで、行かないという選択肢はありません。
かめのふですから。

行かないとしたら雲南だけど、どっちにしろ家-日原間どうする問題は解決しないので多分行く。

 
えーん。はやく交通費くれー。
こういうときに石見で飼育員さん、というか宿、が欲しくなるこの下心。
動機が不純すぎるけどさ、切実なのですよ。


っていったって名案も代案もあるわけではないので、とりあえずこの前のかめやまの写真とか眺めたりして。
動画はフラッシュ出ないように設定できました。よかった~

自分は大体のちのちの妄想用だったり、誰だったかな?っていうメモだったりのためにパチパチ写真なぞ撮ってみるわけですが、眺めてみると、面白いくらいみなさん「舞を見ている」なあって思うのです。

しかも結構舞を見ながらにやけてる率も高いですね。いひひ。面白い。

たまーに、他のところとか見ていて、ぜーんぜん舞を見ていないんじゃないかな?って感じることもあったりして。
見てないのかめっちゃ目が細いのかわからないけど。

自分の世界に入っちゃったり、うつむいちゃったりしてる人もいますもんね。

そういう意味で楽は楽でやっぱり個性が出る。

舞を見ずに楽を打てるっていうのも、それはそれですごい。


私個人といたしましては、何だかみんながにやにや楽しそうな神楽が、自分もなんだか楽しくなっちゃって、好きです。


うーん…本当はいろいろ考えたいんだけど最近なんだかあんまり思考ができません。