舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

なんちゃって売り子

相変わらずなんとなく不調病です。
微熱と頭痛が続いておりましてやれません。ぷわー

今日はお仕事にてイベント出店のお手伝いでした。
まー昨日までの準備が自分のメインの仕事だったので、今日はアッシーと食料調達担当みたいな。勢い余ってカッターで指先削った。いててて
基本的に先輩とひもじいひもじい言いながらいろんなお店見てた気がするけど。

いろいろ、イベントとか、ぷちかめのふとか、あったんですけどね。残念。本当は、浜田へいきたかったのですが。

それよりゆっくり休みたかったような。むむむむ



ずーーーーっと、実は気になっていたのですけれど、社中によって歌の節回しが違うのはまだわかるものの、個人差で音程が違うなーって。
なんていうか…よく繰り返す詞章の下の句周辺。

私は昔から音痴というか、音痴でして、自分の声もコンプレックスだし、高い音出ないし、だからといって低くもないし、半音下がる系な音痴なので、わからんのですけれども。
音感がそもそも無いんだろうなあ。


まあそれはいいとして、自分は師匠の歌が基準なのもありますが、なんか、お???ってなるときもあって、どうやって歌は覚えておられるなかな~と思っていましたが、耳コピなのですね。
まあそりゃそうか。

逆にあの和音を音符にするのが難しいか。

あの発音のしかたとか、発声のしかたが、堪らなく萌えなんですよねー。変態っぽいけど。

たとえば、「え」の発音に、"え""へ""ヱ"があるかんじ。"え"がむしろ少ないような?あー萌え
もっというと"ィエ"みたいな音が好き。

なんというか…あの発声、節回しもたまらん。
民謡とかああいうのもそうですよね。

より強調されてるけど沖縄の組踊りも結構好き。


耳コピかあ。難しいなあ。
音程ね。

胴とりと幕の中の人の歌が、当然音程が違うこともあるわけで、ふおおおおシズル感…!とか思うけどそれはそれだし、音程があってるとそれもそれで。舞を殺さないならそれが一番。

そういえば神楽歌がうまい人は、普通の現代音楽な歌もうまいんでしょうか。
気になるー。


で、本題は、つまり現代においても「耳」からの継承は重要であることは間違いないわけで、しかも、それはうまく言語化できない類いのもの。
人から人へ伝わることで、少しずつ差違が生じる。

ある先生の論文で、口伝による台本と継承の解離みたいな研究がありましたが、まさしく、思っていたのと違うな、という結果が生じるわけであります。
ナマモノゆえん。

だからといって、西洋の音階に無理矢理あてはめて音程を記録に残すことが正しいとも思えず…
そういうときには映像とか録音のほうが強いのかなあ。
でも電子音に変換した時点で実は音が変わりますから、それも絶対ではないし…


少しずつ、少しずつ、差違の幅は広がっていくんじゃないかなあ。

そのときの道しるべは、やっぱり古老になるんだと思う。
少しでも、だいたい基礎の音階に修正するには、古老の声帯と耳が記憶している音が必要なのだろうし、それを今度は自分の声帯に記憶させなきゃいけないのでしょう。

いまは映像見て覚えて簡単にまねできるけど、でもやっぱり先人、古老ありきなのだろうなあ。