読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

春なのにー

しもやーけですーかー。

ブヨといいなにかと足のトラブルに悩まされる。
水虫はまだないです。一生なくていいです。

ちなみに、出会わなければお別れもないよねという持論。学生の時ほど一喜一憂がなくなり、オトナの単調さはなんとなく楽です。
でも沸点が低くなってまたこの時期が来たかの憂鬱はオトナのほうがひどくて嫌です。


明日は仕事で、明後日は、にくまつりー!わっしょーい。にくー!

もっと全力で島根を楽しみ隊。



なんか眠くて、謎かけのような話になりました。


家で、いただいた神楽カレンダーと、前年までのやつで切って取っておいてある写真を、歯磨きながら眺めていて、やっぱり本質はこのキャラクターそのものへの愛情なんだよなあと思ったのです。

結局のところ、面を外して化粧を施すことでは、「個人」あるいは「我」を消し得ないというか。
なぜ面をかけるのかといえば「我」をあるものに"依り"添わすためだから…


たぶん、たぶんなんですけど、最近ことに言われるある人にたいする「おっかけ」が増えてきたのは、化粧舞の文化にも関係があると思うし、すごい語弊はあるんだけれども、「我」のある証拠なのだとも思う。
キャラクターの向こうにいる「個人」を見てキャーとしているというか…

まあ私も師匠キャーとか同じようなもんなんですけど。

何を舞っても、何を奏しても、魅せる人はおられます
あるいは、この舞はこの人!みたいな名手もおられます。

でもその場合って、「この人の○○はええなあ」なのですよね。
「この人の胴はええなあ」「この人の神はええなあ」「この人の鬼はええなあ」
その人を通して聞かせる音や、たち現れるものたちにたいしての"ええなあ"。


「○○のあの人がカッコいい」だと、それの向こうにいる「あの人」を見てしまっている。


なーんていったらいいんだろーなー。


ちょっとまた整理してから書き直そうかな。


化粧だと顔面の良さとか、声の良さとかそっちに意識もいっちゃうよね。
面をかけて、顔がわからない、声も面越し、それでも美しい所作で魅せるか、どれだけそのキャラクターそのものに生き生きとした肉体を与えるかが、能とか仮面劇の真髄だとも思う。

うーん。よくわからなくなった。