読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

春を忘るな

バイトで部門のチーフみたいなのをしておりまして、通称シスターズという後輩がいたのですけれども。
まあ、簡単にいえば、入ってきた当初から見てきた妹分みたいな。
長女は院生なのでいまだにゆるーくしてるみたいですが、次女は去年、末っ子が今年で終わりらしく。
なんとまあはやいことよ。

それでもいまだに子どもも後輩も社員も覚えてくれていて、ありがたいなあと思うのです。もうその場所自体は知らない人ばっかりになってしまったけど。
常にしんどさMAXだったけど、その四年間が無駄だったとはこれから先もずっといいたくはないな。

以上。
この時期はやっぱりすこし寂しい気持ちもする。


昨日の続き。

昨日はなぜか猪早太の話で終始してしまった。
まあ、人気の団体だし、いろいろ書かんでもいいかな。
個人的には、広島と石見(浜田沿岸)で美意識や求めている鉄板とか違うんだなーと思ったのでした。
なんじゃかんじゃいう人もおられーけど、やっぱりあれはあれ。これはこれ。似ていない。お互いに似せる必要性も感じていないと思う。求めている境地が違うもん。だから、僻みとか妬みとかそういうものもないんじゃないかなあ。

と、いう感想。


「五條橋」は、個人的に楽がツボでありました。
胴とりは本気を出さないこと。クールであること。
楽全体のバランス、舞とのバランスが心地よかったのであります。むふっ

義経がなんかまた育った気がするけどよかったなー。

私より化粧するのうまいと思われます。わはは

いろいろ思うところあるけど、なかなか難しいのでこれくらいにしておこうかな。



月曜のこども美術館では
「恵比須」あいて「黒塚」「天神」「大蛇」
あと金城?の田ばやしと三隅の田ばやし。
よさこいで民謡取り入れるくらいなら楽しく民謡やればいいのになーとかちょこっと思ったけどなかなか難しいですなあ。そう思うと、弊害もたくさんだけど郡上踊りはすごいのかもしれない。
たしか保存会自体は年配だけど、若者よそ者が熱狂しているから。
あー難しいなあ。なんでかなあ。

私だったら、よさこいよりかは田ばやしやりたいな。あれいいな。なんか気に入った。


えべっさんは、出血大サービスな感じでしたね。
群がりかた半端ない。
でも釣り上げるのはあっさりさっぱり一本釣りなところがよいです。
お帽子が乱れがちなのもチャーミングです。

「黒塚」は、激レア法印さんでニヤニヤ。
てっきりレギュラー法印さんかと思っていたので不意打ちでありました。どっちも好き。むふっむふっ

悪狐ちゃんはわかんないけど、アクロバティックな悪狐ちゃん。
実は柱と人であんまり見えていなかったのが残念。

あそこってなんであんなに見にくい構造なのかしら。

「大蛇」も、ほとんど見えてないけど、ニュー扇子?とニュー蛇胴??違うかな?わからん。なんか違うな?と思ったりして。
あそこ狭そうで大変だなー

ねむくなってきた

かぶりつきでみたいような、かぶりつきじゃなくてもいいからしっかり見られるところで見たいというような。でも、なにより地元の人にみてもらえたらいいんだよと思うような。むむむう
25日はどこでみようか、いまからもう悩んでおるのです。