舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

インとアウト

わたし、実は細マッチョが理想。唐突ですけど。
男性のこのみじゃなくて、自分ね。

相変わらずふとりはしないけど、やせもしない謎。二の腕は我ながらさわり心地がいい。さわってもええで。やけっぱち。
筋力衰えすぎて納品が辛いけど、筋トレするのが辛いくらい筋力衰えた。

今年の夏は、水着を着る機会と花火を見る機会は無さそうです。
水着は、大学のときから上がひとつかふたつサイズ下がってるし、買い直しも必要だろうから、いいやら悲しいやら。…いや、普通に悲しいよ!

花火、まだ島根来てから宍道湖でズドーンしか見たことがなくてですね、しかも二年とも会社のお姉さんとでしてね。
浜っこがいいって、昔聞いた気がするけど、今年も行けなさそうだし、そもそも一人じゃ行かんし。暑いし人も多いし。
エキサイティングもまた行けないなあ。

お盆とかどーすーかなー。
就職フェアしか予定ないや。
お盆の前に今週の連休が仕事以外に予定がない。

熱中症による家での孤独死だけはとりあえず避けたい今年の夏。


バテてるというか熱中症予備軍というか、テキメンにこの暑さがキてるんですが、ふとね、天満宮スサノオが祭神のところはやっぱり夏の例祭がでかいんだろうかと思ったのでした。

前に調べていていま保留中のやつで、神職神楽の時代、夏越しの祭りと思われる邪気払いの祭りとかでは「天神」「鍾馗」が重要だったと思うし。
「天神」は御霊信仰になるもんね。「鍾馗」は蘇民将来あたりの信仰。今でこそ、いわゆる疫病の心配とか"恐怖"は昔の比にならないほど薄いと思うけど
…そうはいっても人間の根元的な恐怖だし、この時期は特に強まる。


他のお宮との差とかあるのかな。そもそも春の例祭やるところと夏の例祭、夏越しの祓するところとの区別とかあるんだろうか。あるよなあ、多分。

ほんと、無知だ。


しかも最近のこの、牛の反芻じゃないけど、前に入れたことばっかり取り出してはコネコネしている自分に些かの嫌気がさしてきていて。

ここのところのモチベーション低下は、いろいろな要因はあるけれども、一番はインプットが激烈に減ったことだと思われる。

DVDとか動画とか、撮りためた妄想用の写真とか、見る元気がない。見ても、なんか、前より楽しめなくて、ただ苦しい。
本読む元気も出ない。開くけど、読み進められない。
あらたに調べる気力も出ない。

師匠は黙して語らず。
あれこれ子どもみたいに面倒見なくてもなんとかなるでしょとか、まあ自分で考えなさいよと、あるていど馬鹿なりに学習能力があるだろうと見込まれているんだろうけれども。問えば答えてくれるだろうけれども。

疑問がわくほどのインプットができていない。

インプットができていなけりゃ、アウトプットができるわけもなく。

なのですよ。


何でだろうなあ。なんだかなあ。

それこそ、この連休なにもないからインプットできたらいいんだけど、今のところ自信と意欲がない。

来週末は気力振り絞って行くつもりだからなにか変わるかもだけど、まだわからない。ドタキャンはしない…は、ず。


こんなんじゃなんで島根に来たかわからんよう。なんで生きているのかわからんよう。
もがもが溺れている。