舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

ざぶんざぶん

昨日、雨がひどいなあ、といって寝ましたけれど、起きたら、冠水していました。

正確にいえば、明け方くらいからなんか今日はクラクションならす人が多いなあと思いながら普通に目覚めて普通に支度していつも通りの時間にドアを開けたら、ニュースで見たことのある光景。
マジか、しかいえない。

その時点で、自分の車の前は水が引いていたけど、深いところは男性の膝下まで水が来ていて、まー無理だねと思ってひとまず撤退。

一時間ほどですっかり引いたので、気を取り直して出てきたら、隣の車のお姉さんに、車大丈夫ですか?っていわれて、はい?ってなったら、車のなかまで浸水。タイヤの真ん中より上まで水が来ていたよう。

お姉さんに言われるがまま、まずはエンジンかかるか確認して、タオル持ってきて、水を吸いだす作業。きったないしくっさい。

雨の場合、とりあえず走行中の命の危険は雪より低いけど、たちが悪い。被害でかい。


住んでいる地区は水が出ると、引っ越す前から聞いていたので、住んでりゃあいつか水が出るだろうと思ってはいたものの、車が浸水するほどとは予想せず。
ふえー

もう床を全部剥いで替える必要があって、保険きくのがありがたいですが、もうなんかね、しんどー。つかれたー。


ただありがたいのは、去年車がメゲたときに、車がないと!会社に!行けないんです!!!って泣きついたのを覚えてくれていたのかわかりませんけど、ディーラーさんが代車を確保してくれたみたい。
地区ほぼ全滅で、ディーラーさんもパンク状態だから、今回は無理かと思っていたので、もう本当にありがたい。

バスない、駅遠い、電車ない、自転車無理、というか持ってない、到底歩けない、場所なので、本当に助かる。ありがたやーありがたやー


そんな、ニュースにならないけど、災害。
局地的すぎて、市内の人も知らない。
でもしんどいもんはしんどい。
ニュースなるような地域は、どれだけひどいんだろうか。しんどかろうか。



雲南のやつ書こうと思ってたけど、疲れて眠い。


そういえば、特にこれといった意味はないんだけど、なんで切目の王子は、唐冠(※)なのかなあとか、ぼんやり思ったのね。
検定テキストでは、塵輪や天神の神がつけるとあるけど…


うーん。位はやっぱり唐冠が高いのかな?


今まですごく意識をして見たことはなかったかも。


あ、あとね、もういっこふとおもったのが、師匠に「左」のほうが重要というか、なんかそういう話をされたことがあるんですが。
そういえば、幣も左手?左手?左手。

神を迎えるのも、左手?

胴も、左?

ひだり。


ねむくなっちゃった



※7/26追記。
浜田の西の方では「唐冠」とも呼ぶけど、正確には、「張貫烏帽子」「張子烏帽子」とのこと。
和紙を固めたもの。
ちょっと形が変わって、全体に紐をかけると、能「翁」。

久々にご指導入りましたので備忘録かねて追記。

辞書とかで調べたら、「唐冠」は纓という羽根みたいなのが"2つ"付いているものを指すのだそう。言われてみれば確かにそっちのビジュアルのほうが、自分のもともとのイメージにも合うな。

ということは、検定テキストにある「鍾馗冠」も「唐冠」ということになる。

ちなみに能において唐冠をつけるものは、唐人だけじゃなくて、荒神や鬼神もだって。


張貫烏帽子は、位が上の神たちが主に装着。
かめやまのスサは違うけど、団体によってはスサも着けてるのね。

でもなんでなのかは、よくわかんない。

追記おわり。