舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

ビリビリ絵とモシャモシャ絵

あららぎは荒らぎで、蘭じゃないよ、って篠原先生が言うてましたわ。読まれてるぅー

なんで「道返し」としたかといえば、歌に黄泉比良坂の神話に由来する道返大神を基にしたと読めるフレーズがあるからという点もあるとのことで、多分、「要石」云々あたりのことを指しているんじゃあないかと思いますが。

なぜそれを、鹿島の神と合わせたのかはわからないのだけど…
それもまた神仏分離とか、国家神道とかと関連があるのでしょうか。

まあ、そうはいっても、それぞれの団体で呼び方の歴史があるんだったら、あえて「道返し」と直さなくてもいいと思うのです。ぶっちゃけ「鬼かへし」でも意味は通るし。
ただ、団体内での呼び方は統一なさった方がよろしいかと。結局どっちなん?ってなるから。



国譲りの、譲らせた方の神が、異国より来る鬼と対峙して、この国はたあくさんの神が守護してるんだからね!(意訳)って国の謂れを説くというのもなんか興味深いですよね。



とか思いながら、今日は五郎さんのちぎり絵に挑戦してみたものの、模写の誘惑に勝てず、そのまま流用して模写し始めてしまったのでした。
ちぎり絵は思っていた以上に和紙がケバケバしましてな…あと色彩センス無さすぎ。
でも2時間ちょいで出来るっぽい。
模写はモシャモシャちまちま書き込んでいるので、まだ腕と顔だけ。

ていうかね、五郎さんのね、陣羽織?難しい。

想定していたからにくもちの写っていない写真を選んではみたものの、プリーツのところとか細かすぎて眉毛が飛び散るわ。

鍾馗とかやったらマジで気晴らしのつもりがイライラしそうよ。


でも久しぶりの模写は楽しいなあ。
高校かな?いや、中学か?美術で習って、その時はもっぱらリチャード・ロクスバーグショーン・ビーンクリスチャン・ベールでした。嗜好がバレる。
最近はどんな映画に皆さん出ていらっしゃるのかしら。


頼長殿とかやってみたいのだけど、なんたって、自分の撮った写真がどれも模写に使うにはビミョーすぎて。
次回からその観点でも撮っておかんとだわ。



そうそう、昨日はですね、久しぶりの「八幡」と「道返し」でしたね。九州シリーズ。

あの鬼ちゃんのモフモフゥ、触ってみたい…絶対モフモフしてる…

そういえば、よくわからんけど、八幡磨呂が面をかけるときと素面のときがある気がします。普通はどっちかな?かけるかな?
毎回ビミョーに久しぶりだから、忘れちゃう。

鬼ちゃんは、多分、はじめて鬼ちゃん舞うのを見た気がしますね。どっちかというと神をよく舞うイメージ。
最近やっとこ師匠以外も見当つくようになりました。といってもまだ自信ないので最後は消去法。
会社のお姉さんと、なんか若いっていいねーえとか、しみじみ。



「道返し」も神がはじめて見ましたが、ああ見るとビミョーに神は神でも舞が違うのかな~とか。まあ、鈴持ってるし。

マイクの調子が悪そうなのが残念でしたが、鬼ちゃんが幕の端からぴょこって出てきたとき、かぶりついていたお子さまがたがピャッと引いたのが面白かった。
あの顔怖いけど見慣れると大変チャーミング。

次はいつ見られるかなあー

「恵美須」は、はじめてナイスキャッチしました。うまい棒。ひゃっほー
出血大サービスでしたね。チャーミングなえべっさん
会社のお姉さんも、うわあああといいながらゼリーをナイスキャッチ。今回はなんだかラッキーだったわ。うふふ


「大蛇」はぽけっと見ていたら、お姉さんがうわあああ言うので?と思ったらおばばさまが足を滑らせておられまして。
それでも酒樽を死守するところがすごい…

なんだか今回はいつもと細々違って、間違い探しみたいでした。
なんでかは知りませんので、新鮮。


眠くなってきちゃった


来週というか、今週は泊まりで連チャン。
たのしみー。仕事やだな~。