舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

スサの背中サルの尻尾

さぶぶぶぶぶばばば
冬用の毛布ともふもふマットはとっくに解禁してますけど、あまりに寒くて綿布団も解禁したい勢いであります。寒い。
でも、いまからそんなだと冬越せないから我慢。
というか、寒くてもう布団から出られん。
モフモフゥがほしいよう。
お猿はちとこわいけど尻尾くらいは抱きしめながら眠りたい。

なんかいい防寒具ないかなー。

アンカもまだ早いかあ。アンカは安価だからアンカですかっていおうと思ったけどもしかして行火?変換で出てきた。行灯的な?


この前の「大蛇」で面白いなあと思ったのは、同じスサノオでも人が変われば、やっぱり変わるんだよなあって、しみじみ。

ねむくなってきた

いつものスサは、大きい背中。自分の力をコントロールできる分別を持ってる印象。妄想だけど
まあ、好きよね

というとこで昨晩は寝落ちしましたので続き。
また寝落ちしそうですけど。

あの、お嫁ちゃんとおじじさまおばばさまを連れているときの、あの間というか…漂う絶対的安心感。ちょっとした、弱さはあるとしても、それを凌駕する安定した精神的強さ。
妄想妄想ゥ


この前のスサも、そりゃあ何回か見たことありますけれども。
いや、若い。
若さと、身体的強さ。ゆえに、やらかしちゃったのかな、みたいな、爆発的エネルギーが身の内に燻っていて、いまにも弾け飛ぶのを皮一枚で抑えてるような印象。

初めて守りたい存在に出会って、一生懸命守ろうとしているけど、ちょっと不器用な感じ。ちょっと力があり余っちゃうみたいな。


ただこれって、スサだけでは、足りなくて、やっぱりお嫁ちゃんと、おじじさまおばばさまと、四人が揃ってないとダメなのよねえ。
ビミョーだと、スサがよくてもビミョーになると思うのね。

それぞれの息というか、タイミングというか。ちょっとずつ思い合ってる感じというか。

みんな一人一人がだいじ。うんうん。

大蛇さんもね。

大蛇なんかは、もうそりゃ息とか合ってないとダメよね。それぞれ個性があってかわいいけど、どれかだけが見せ欲バンバンでもつまらん。よくわからんけど走っちゃう感じがする気がするのね。あるいはサービス精神旺盛すぎて置いてかれるとか。

てごがおられんだったから、ちいとだいぶ大変そうでしたね。

うーぬ眠いから寝る
つかれちゃったなあー