舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

めじろのさんばさんば

雪かき4日目ともなると、貧弱貧弱ゥな体は悲鳴を上げとりますが、いやはや今日が一番しんどかった。
朝は車の顔面がしっかり埋まっていたので、救出に小一時間。
通勤路は、凍結ながら除雪車通っていたのでなんとか走れたけど、ついに大きな川も凍りましたね。
会社についたら、駐車場が埋まっていたため、みんなパズル状態。掘っては入れ、掘っては入れ。
雪と格闘して一日の半分くらい終わってしまいましたわ。

あと、今日は、メジロちゃんがバチン!バチン!バチン!と連チャンで3羽会社の窓に激突して、脳震盪起こしとって、チリトリ片手に見守り。触ったらいけんのでね。あああぷぷぷぷりてぃーぷわぷわやないかあー
全員無事に飛んでいってくれてひと安心。

あ、あとオオバンちゃん2羽が道路端でかかれた雪山と往来する車に挟まれてキョロキョロおろおろしているところにも遭遇。ぷぷぷぷりてぃー!でも君たち渡り鳥だから飛べるじゃん!歩いて横断は危険よ。おしりかわいいけど。
オオバンちゃんは、ずんぐりしたぷりてぃーぼでぃーの割に長いおみ足なところがチャーミングですね。


今日書きたかったのはぷりてぃーなその二点のみなんですが。



ああ、土曜は、あるよ、と言われたのでゴーゴー浜田の予定なのです。
あっちは雪がないそうですね。

長浜が確立した八調子の「羯鼓」が、やっぱり美しいなあと思うのです。
師匠とかがリアルタイムで見た、これぞまさしく、という舞は見ること叶わずですが。

帰りが遅いのがちといたしいけど、致し方あるまい。

見られるうちに見ること。
聞けるうちに聞いておくこと。

気づけばあっという間に4年とか5年とか過ぎていて、いつまでも漫然としていたら、教え導いてもらえる時も過ぎてしまいそうです。
光陰矢の如し。

疲れましたのでおやすみなさい