舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

東京公演夜の部とか

眠くなって挫折する可能性大ですが。このあと浜っこと温泉津と牛市のお祭りとゆっぱを書きたいのではやことしませんとね。なんたって忘れるからね

溜まってる分については、どう書いていたか、に加えて誰がされていたか、全部が全部を覚えとりませんので、ちょいちょいどーでもいい個人的な萌えポイントを交えながらお送りします。

えっと、夜の、というか第二部は
「神楽」「道返し」「大蛇」「日本武尊」「八衢」「頼政
でしたね。

実行委員長のご厚意ですんばらしくよい席で見させていただいて、ありがたやありがたやだったのでした。鼻血ふきそうだった。

やっぱり一番嬉しかったのは、一番最初に見て、衝撃を受けた「神楽」を、普段も到底叶わないくらい近くで見ることができたこと。
祭典とかでは、離れているので。
ホールなのに、衣擦れの音も鈴の音も聞こえる近さ。

おとうさんが、この前何かの話をしていた折りに、神楽見慣れん人からしたら、演劇のように思うんだろうか、とおっしゃっていて、まあ舞台芸術の一種みたいに思うんでしょうねえ~みたいな話をしたのですが。
私自身、神楽が身の内にないもの。
でも、あの「神楽」を見たから、演劇ではなく神楽なんだなあ、と。舞台演出はされていても、でも、あれは神楽。

それを、近くで見られるなんて、鳥肌。ボツボツやで

個人的な萌えポイントは、おおがえりだっけ?円を描くようにまわりながら鈴を鳴らすときに、1フレーズの最後のひと振りが胴とずれるとこ。

最初はあれ、ずれちゃった?って思ったんだけど、そんなわきゃないですわね。

以前ワケを聞いたら、別にずらそうと意識しているわけではなくて、ご自身が小さい頃から聞き覚えたものでもあるし、かつ、この舞の正統である、と伺ったのでありました。
「神楽」だけでもいろんな話があって、残したいなーと思うけど、またそれはそのうち。


「道返し」は、いつものお二人。なんか、あ、と思ったけどなんだったかいな…
あの顔についてなんか考えてたような気もするけど、忘れました。多分またあの顔見たら思い出すでしょう。

あ、フンヌッて剣の押し合い圧し合いが近くで見られてハラハラしました。何回も見てるけど。
あれも、タイミングとか力加減あるよね…
鬼ちゃんのキャラクターがよい。顔と土下座のギャップがよい。

あの、たすき?をもって舞うのは帯舞的なやつだったかしら。



やばい、ねむい

「大蛇」は、人が変わったけど安定。