舞ひあそぶ

神楽のこととか、日常のこととか。

書いたり消したり書き加えたり

いくらヒモノでも、お肌のケアは多少気にして潤わせとかんと、乾燥カイカイささくれイテテになって自分が辛いことに気づいた。
自前の水分じゃ補えなくなってることを悟る25歳。
こ、これが加齢か…こりゃあ本物のヒモノになるでぇミイラやでぇ


今日はひじょーーーに凍結でございまして。
道路がつるっつるぺかっぺか。反射するくらい。
いつもの道で4,5組くらいどっつんことか自爆とか脇にいて、たぶんいままでで一番事故車見た気がする。
ヒヤヒヤ。体はバキバキ。
田んぼんなかの川をまたぐ橋がですね、まーこりゃこりゃ滑る。上がり口で一瞬滑ってほんとに焦った。
事故渋滞と凍結で陸の孤島状態だったので、午前中は全部キャンセルで引きこもり。ふう

明日も凍ってそうで嫌だなあ。

つかれてねむい



さいきんはしなくなったけど、前に台本もって歩いていたときに、なんか歌が迷子になったり、いろいろ聞いててなんか聞き覚えないなとおもったりすることはある訳なんですけれど

師匠が、台本にないことを書いたり消したり書き加えたりして歌ってるんだといっておられて、ははあそういうことかと長らくにわたっての疑問が解決したわけであります。

歌がないぶんについてはわかるんだけれど…
変えたらいけん歌を、自分よがりの判断と知識で再編成するのは、なんというかそれだけ身近な存在であるからというのと同時に、その価値判断取捨選択する能力がほんとうにあるのかなという疑問。


国学者神職が一生懸命考えて整理したものに敵うことがあるんだろうか



ふー寝てた
寝ぼけながら書くとわりとデリカシーなく書くな。眠くて良し悪しは考えられんからとりあえず、明日書き直すか考えよう


オリジナリティもクリエイティブさも欠片もない人間からすれば、すごいなあーと思うですけどね、でも、あんなに美しい歌ばっかりなんだから、あえてそんなことしなくても美しいのにって。なに基準で詞歌の取捨選択するんだろか。


あーでも「君が代」の詞なんかなら、別に創作でもないか
たまーーーに、うん?ってとこで聞く気はするなあ
あんまり意識して聞いてないからわからんけど


聞く側が頭の片隅に留めておかんといけんのは、その社中の伝統としての、変則なのか。

口伝で識字があまりお得意でないとかなら、伝わる過程で変形していくのはもう前例の通りなわけだけど、台本読んでて台本のままやってるんなら、変形させる意図が働いたと考えるほうが自然かと。

うちの社中の台本、とかもあると思うけど、えーと書くのめんどくなったから以下略。

社中の伝統として、校訂台本を社中の台本として採用している社中において、台本にない書いたり消したり書き加えたりというのが見られた場合、伝統を無視してそういうことしようとする人が潜んでるということになる。
かつ、全然違うところでやっていることの模倣である可能性は大いにある。

かっこよくもなんともないと思うがなあ


自然発生的な変形ではないものにたいして、うん?と感じとる力なくいると、気がついたらとんでもなく違うところまで来てしまう、なーんて危険性もあるじゃないかなとか。
もよもよもよ

変えるのはわりと簡単。残すのはエネルギーがいる。この微妙な力加減をいままでしてきたんだろうと思うのですが
ナンセンスな方に変わられるのは嫌だなあ
でもそれも後世が判断することではある。

また眠くなってきたので強制終了


もうあの頃のようなハイセンスが生まれることはないと思うね。私は。

ぶるぶる

さーーーーむい

なんか、すんごく、なんかね。ビビるのキャパオーバー。

江津浜田方面、今日はちゃんと冬タイヤで行きなさいと会社で口々に言われて自車はお留守番。
結局一番おぞかったのは、松江だけだったなあー

どこへいっても風がものすんごくて、勝手に漫画みたいに髪が逆立ってびっくり。雲の居場所によって吹雪っちゃ吹雪なんですけど、真横に吹雪いてるから、路面は怖くなかったのよね。
でも風がとにかくものすんごいので、さすがに帰路は海と湖を避けて、上にも乗らず、9号でペタペタ。斐川らへんから、アホほど融雪剤まいてるなーとか思いながら走っていたけど、玉造過ぎて急にどこ見ても粉砂糖みたいに張り付いていて、融雪剤ではなく、雪だったことに気づいたのでした。
市街に入ってからは、まだ凍結していないけど、うすーく全体に積もっていたので、明日の早朝がヤバイやつ。明日は朝安来なんだよなー嫌だなー


江津浜田方面、お仕事っぽいことはしていたんですけど、まあ、夜がメインディッシュなので、ふわっと軽めに。
お父さんと合流して、走っていたら、なんか空が赤いねえ、煙たいねえ、なにかねえ、って言っていたら、火事で。しかも進行方向、というか、ほぼゴール地点。
よって、本日のメインディッシュ、中止。

残念とかそれ以前に、想定外の事態過ぎてあわわ。
お父さんが一緒にいたからよかったのですが。
道は不馴れなアッシーなんだけども。
ぼっちじゃなくてよかった。


私の残すミッションは、無事に帰ることなので、もうとりあえず一生懸命無事に帰った次第。


自分なんかは、もとよりただのお邪魔虫なんだけれども、一年で一番楽しみにしていたし、重要視していたやつだったので、あらまあな気持ちではあるのですが、いろんな意味で、どうにもならんことってあるんですよねえ。


なんで、妙なことはヒステリックにあっちこっちとりあげるくせに、もっと緊急性のある事柄の情報はどこにも上がってこらんのかね。アンテナ不足?アンテナ張ってなくても要らんものは入ってくるのに。

ぶつくさ。



それにしたって、この冬は、厳しそうですね。
お父さんのアッシーしたいけど、浜田にいくまでが怖くて汽車で行って自分も誰かにアッシーしてもらいたい問題。
葛藤や…
1,2月どうするかなのよね。
はあ

そこまでして行くのはなんでだろうと考えながら走っていたんですが、風に揺られてビビり過ぎて結論は出ていません

疲れたから寝る

右と左

万全の装備で布団に入ってても体が冷たいのはなんででしょうね。さむいさむい。
再来週までタイヤ交換できないのですが、早くも戦える自信がなくなってきましたよ。むむむ…明日は江津浜田方面行くけど、大田の峠を越えられるんだろうか…
なんか去年も同じパターンだったような。

昨日は、しめ縄を綯ってきました。生まれてはじめてのお正月飾り。一応、キリスト教育ちなのでね。
でもクリスマス飾りは持っていません。

テレビで見たことはあったけど、手のひらでサクサク藁を綯っていくのは、見ていて感動しますね。師匠も作ってるってことはできるんかな。聞いてみよっと。
案外、イマドキのヘアアレンジ女子なんかの方ができそう。縄みたいな髪形あるよね!名前知らんけど!

藁をなるべく均等な二束に分けて、右足で元を踏んで、時計回りでいいのかなあ、内側から外へ回す感じに縒って、それを右手側が上になるように綯う、であってるかな、なんかそんな感じ。よって、右足が今日は筋肉痛。とる姿勢が馴れなさすぎ。

綯いはじめと終わりと、綯うとこ以外の大部分をおじいちゃん先生にやってもらったので、そこそこ綺麗な出来ではあるんですが。

縒るときに、なるべく綺麗に縒って、綯うときは、なるべくまっすぐになるように綯わないと、ぐるんって丸めたときに美しくならないのね。
回してからツメが甘いところが見えるシステム。
綯った方向にしめながら回すのが、延長コードを綺麗に回す感じに似ているのだけど、なんか難しい。

そして橙かわりの夏ミカンは、お寺でなっていたものという。しかもぽってり大きい。

それで、頭の部分が、出雲は左で、伊勢系、日本神道系は右というふうにいっておられて、皆にならって左で作ってみました。

大社の向かって左、稲佐の浜から神がやって来るから左だって。

昨日師匠に聞いたら、左綯い、っていわれて、寝ぼけて伊勢?って聞いたけど、左綯いなら出雲かあ。

県内のどこまでの地域が右とか左とかなのかなあ。

これからまたいろいろ見る楽しみができましたね。


ほいで、これは今年と来年、ケとハレ、いろいろな境目、結界だから、20日以降、大掃除するまで飾っちゃダメよっていわれまして、そうはいってもなので、とりあえず、袋にかけたまま玄関のドアに吊るすことに。
ウラシロの葉がジャストサイズでぎりぎりドアに挟まらないかな、っていうくらいの大作。

自分が大掃除をするとはとても思えませんので、ちょっとずつ小掃除をしようかと思いましてね。
まだお風呂の排水溝の髪の毛ぐるぐるを取ったくらいなんですけどね。

まあ20日まで10日もあるし。


ところで、これ、お正月過ぎたらどうすーだ。

おでん 酒 さといも

おでんと日本酒って、あうよね、という晩ご飯。お酒飲みたい体調ではないくせに。ぐえええ

一人暮らしして成長した点は、賞味期限にこだわらなくなったこと。
なまものでなければ二週間くらい、モノによってはひと月は誤差でいける気がする。いっちゃってる気がする。ただし油揚げは早々にカビが生えます。でも、冷凍できるから便利。

二週間くらい切れたレトルトのおでんで、塩麹味というよくわからんやつ。その時点で三割引シール付。
案の定ちいとクセのある味だったので、酸化しかけの日本酒と飲んだら、お互いに刺し違えていいアンバイ。結果オーライ的な感じで食べられてよかったです。でも多分次は買わない。

いまは、ほくほくのさといもが食べたい。
元気だったら買ってくるけどなあ。
父がさといも茹で上手。

おばあちゃんのさといもコロッケもいいなあ。
だからといって、帰りたいわけではない。



あんまり人に会いたくないなあ。



ちょっとだけ、師匠めも。たまにはね。


この前見たところで「羯鼓・切目」をみて
切目の王子の採りものはアソビというハタキ状のバチ。ザイではない。それはどこもですね
日本武尊」の賊首が兄ぎし弟ぎしにあげた松明もじゃあアソビなのかな。まあそれはいいとして。

王子が、明らかに、手でというかアソビで、神禰宜が据え置いた羯鼓を探っていたんよね。
目は、焦点あってない系。

目が見えない神という解釈なのでしょうか。
打ち鳴らす前の世界は真っ暗?

????ってなって、師匠に聞いたら、そもそも据え置かせたの王子じゃんって言われて、あーたしかにという。

高いところも低いところも違う!っていうんだったら見えてないとですもんねえ。

どうしてそういう所作になったんかなあ、という疑問。
ながはまさん以外の鬼、というくくりでいいのかわからんけど、鬼は手で探るから、王子も鬼舞だから、とかそんな感じなのでしょうか。

ふーむ。

探りの話は、師匠が実演つきで解説してくれると、楽しいので好きなのですけど、うまく言語化できなくてまだ書けません。再度実演解説を希望します。
じりじりじり、ウン、でくるっとまわる、とかそんな感じ。
ウン、のとこがいいんですよ。
前方よし左右よし災いなし、あるいは神なし、という納得のウン。
じりじりじり、の部分は石橋を叩いてるんですね、ようは。

またやってもらおっと。


とりあえず、ちょっと、全体的にはげしめな印象でした。動作一つ一つが大きめというか。はじめてだったからよーわからんけど
でも乱暴ではない感じもした。



あと全然違うことだけど、最近、江の川沿いがバブリーなので取り上げられる率高めのことで、笛ね。
川戸に職人さんがおられますが、そのまた半世紀前に長浜地域で実は生まれていたという。
それは全然知らんかった。
作者の名前をとって、ふなき笛と呼ばれていたそう。

なんか資料とか残っていたらいいのですが。

ただ、それって不自然な話ではなくて、式年祭以外でも夜明かし舞の文化があった地域で、本笛?篠笛とか龍笛とかフルート式だとしんどいね、なんとかならんかね、ってなりますわね。ずーっと吹いてるから。
で、いままでの感じ、無けりゃ作ればいいじゃない出来るんだったら作っちゃえばいいじゃない精神が旺盛な地域のようなので、技術的に可能な文化土壌があったら、よっしゃ開発したろ、みたいになっても不思議はない。

でもいまはないってことなんかなあ。後継者なし?

いまは皆さん川戸で買っとられるんでしょうか。
いやはや、でもお達者でいらっしゃる。


そういえば不意に思い出しましたけど、中学か高校のとき、おじいちゃんがとった竹にキリで穴開けて竹笛作って、音が出る穴配置の研究してましたわ。

吹けてたよ。わーお思い出した。

おじいちゃんがもともと作ってくれたんだっけ。

結局、猫の耳がそっくり返るのと、マンションなので騒音クレームが家庭内から起きたのとで封印して、記憶もすっかり封印していたようです。
タンスの下にキリを隠し持つJK。


更に話はずれますけど、花祭はたしか笛は各自のお手製だったような気がします。
1~3人くらいの体制でテホヘテホヘ吹き鳴らしますが、あっちにもこっちにも笛を帯に差した人がいて、適当に代わりばんこに吹いてたような。夜中は酔っぱらって眠くなったら急に寝始める。1人は必ず頑張って吹いてる人はいたと思うけど。

でも、それぞれのお手製なので、音階がバラバラで、そろって吹くとビミョーな不協和音感が、逆にイイ。すんごい気になるけど、イイ。

夜明かしというか25,6時間舞い続けて笛も吹いてるけど、流動的に交代してるし、うーん…石見神楽ほどずーっと吹いてたかなあ。あと、ぺらぺら指動かして頻繁に高低の音を出して、って感じじゃなかったと思うのよね。
もともとのリズムがのんびーりっていうのもありますけど。


まとまりなく、収集もつかず。


だからさあ、なんかねえ。


何が疲れてるのか、やっとちょっと見えてきたけど、あっちもこっちもマウンティングがあまりに多いのよねえ。
個人的なマウンティングも、対外的なマウンティングも。
どげでもえーやんマジで。
そんなに誰かを踏みつけんと自己の尊厳が保てないんだろうか。

と、自戒も込めて。

取扱注意

完全に、心因性による体調不良。
つらい
一個なにかドカンとしんどいわけではなくて、細々いろいろ相反するものがぼかぼかと往復ビンタ食らわして、今までなんとなく殴られっぱなしでいたけどいよいよ堪えかねて膝が崩れかけているような。

昨日は、仕事でへとへとで、最後大爆発起こして、もうやけ酒じゃあ肝臓なんて知らんの勢いで、でもなんか変わったの飲みたくて、出雲の白ワイン買ったのね。普通サイズひと瓶。
オール出来合いのもので、ひとり飲み会開催。
プチフルーツ盛り合わせみたいなのが半額だったから、サングリア風に。
泣きながらいらいらモシャモシャぐびぐび、で録画した一時間番組見終わる前にひと瓶空けてしまった。

ワイン弱いと思ってたけど、やればできる子だった。

ベンチに日本酒と焼酎のワンカップが控えていたけど、お腹が一杯だったので断念。
薬飲んで、眠って、平日と変わらない朝。
心持ちが晴れるわけもなく。二日酔いもなし。まあでもいいお酒だったのね。大変リーズナブルに500円くらいだったけど。

薬飲んでもお酒飲んでも夜中に目が覚めるし寝付きも目覚めも夢見も悪いのはこれやいかに。疲れがとれない。
夢見だけでもよければなあ


普通に起きたわりに、結局いえのことは全然出来てない屑の一日。
目は開いてるけど体を動かす気力も出ず、午後になってようやく布団からでて、二ヶ月遅れの原稿かいて、豚汁作って終わった。完全に屑じゃん。
でも豚汁は豚がおいしく煮れた。本日唯一心がポッとした。何食分かわからない量だけど。食べるのはひとりなのにね。夜しか食べられないのにね。あーあ作りすぎ。

無心でアクを取るのは、嫌いじゃない。

もともと8割は書いていたから、原稿終えられたけど、神社調べててもテンション上がってこないから、多分、重症。
しんどいだけだった。

ていうか、なんというか、江の川沿い以上の情報の乏しさ?わからんけど。偏重気味?
例祭とか、全然出てこないし、そもそも神楽を奉納するのかがわからない。
御輿とか相撲とか出てきて。
舞わんのかな。
神楽的に押さえておきたいとこは全部外れている。
まあ、いいかあ、で無難に終了。すごく浅い感じになっちゃった。


つかれた。


頭痛いんだなあ。微熱続きだし、口のなかもボロボロ。顔もボロボロ。もとがブスなのにしょーもな、


そーね、神楽を考えるに辺り、結構八幡宮って関係ある気がするんだけど、そもそも、あの圏域って八幡宮が多くないのね。石見が多すぎるともいうけど、それにしたって少ない。

名前は冠してなくてもスサが多そうかなあ。

どこだったかに、クニトコタチのお宮があった。大元とも荒神ともいわないけど。
加茂神社なのに、コトシロヌシとか。

ぐちゃぐちゃする。
つかれた。つかれた。



16日は、ゴーゴーウェストのつもりだけど、あとはわからん。
わからんわからんわからん

両手にモフモフ

二泊三日の弾丸帰省でした。はーしんどー
実家に帰ると体調が悪くなるのですけど、にゃんこの皆さんのためにたまには帰らんとね。家族サービスでせっせとモフモフ。
4匹入れ替わり立ち替わり自己申告制でやってきた順に、それぞれが気の済むまでモフモフ。もう3年たつんかな、飛んでいってしまったにゃんこがいたらなあと。むっちりモフモフ。でかい図体にかわいい声で鳴くあの子。いまでもまだ、いないことが不思議。

ふーつかれた。

今回は、父孝行もできたのでよかったです。二人でワイシャツ買いに行ったり、おうちご飯したり。
向こうではシラスが身近でしてね、んまー。久しぶりにシラスご飯食べた。

あといま、定期的にインド速報が入ってきて、わたしもなんちゃってインド気分。
なんか、なんというかね、未知の世界ね。
私が行ったことある外つ国は、アイヌの国くらいなので、なんだって新鮮なんですけどね。琉球も行ったことないし。

すごいなあ。


いま、佇まいや身体技法についての本を読んでいて、非常に神楽にも通ずるところがあるので、メモしたいのですけど、今日は眠くて無理です。ぐー

ただ、こういうとカドが立つんかなという危惧をしつつ、それに則って思考したときに、山側で隆盛極める舞の型が最も「身体の西欧化」を果たした形になるといいますか…本来の芸能が持つ日常の身体技法投影、記憶という機能を殺した形になるといいますか…美意識は多分一番西欧の方に寄ってるのかなって。
まったく「西欧化」するということは、いまだ日本人はなし得ていないですが。

本を読みながら舞を思い描くと、逆に、八調子地域は、意固地に日本人の身体を残そうとしたような気配を感じてしまう。


ただ、生活上必要とされる身体と、芸能の身体は解離していく一方なので、これから先、古老の舞、伝統の舞は失われていくしかなくて、きっとゆっくりゆっくり何世代もかけて「身体の西欧化」は進んでいくんだろうと思うのです。

言うなれば、崩れていくしかない。

どうしても守りたいなら、何世代か昔と同じ暮らしをして、なんとかブレーキかけられるかどうか。
それも、自分の代で叶う保証はなくて、それしか知らない純粋な世代を培養する必要があるんだと思う。

神楽は宗教と同じだと思うんよ、という方がおられたけれど、いくらなんでもそこまでやろうとしたらカルト集団よ。


人が変われば舞は変わる。

この前全然違うところで同じようなこと聞いたなあ。人が変われば楽も変わる。



結局、どう願っても変わっていくしかないんだけれど、だからこそ、その中身、骨になる教えが、必要なんだなあって。
また最終そこに戻ってきた。


とりあえず、そほど。
おやすみなさい。

トリ足

鳥みたいに脚が細かったらなあ。冷え性じゃないよね、多分。あんな、水んなかに足突っ込んでからに。
でも、美肌ではないですね。


明日は、おうちに引き込もって一日パジャマで寝たり執筆したりしようと思うておりましたが、急遽のお誘いあり、師匠と入れ違うようにゴーゴーウェスト。また5時半起きよ!
なんか結局、毎週石見に行ってる気がする。

今回は、付き合い上の都合や、師匠に自分で体感してきなさいといわれたこともあり。でも眠いなー。


土曜には実家に帰るのでその準備もしないとですが。

はーやれやれ。


乗り気な気分と、気乗りしない気分とが、ごちゃ混ぜで順番に顔を出してくるような心持ちであります。疲れとか、眠いとか、要因はいろいろ。
 
まーまたあした、余力あれば、その続報を。